2月
02
「 さくら 」チーズの季節となりました

さくらを眺める “ とうもろこし人形 ”

チーズは、“ 季節物 ”だと知っていますか?

若草の美味しい頃のミルク。
元気一杯 放牧地を歩き回る頃のミルク。
ゆったりと過ごす 冬のミルク・・・

それらの時期に搾られるミルクからつくる
季節のチーズは、より一層オススメしたいものです。

これは私たちの農場のように、
牛も人も季節を感じられる土地での
放牧酪農だからこそ得られる喜びだと思います。

この時期のミルクは、乳脂肪分が高く
「さくら」のようなソフトタイプチーズが美味しいです。

ふっくら ふんわり仕上がる「さくら」は、口溶けが良く ほっぺもとろけそうです。
“ 桜咲く ” 嬉しい出来事が増えますよう 祈るばかりです。 teru

※ 昨年の「牛乳山だより」の記事には、新得町=桜である所以も紹介しましたので、是非 ご覧下さい。
https://www.kyodogakusha.org/blog/?p=335

カテゴリー: チーズ パーマリンク