みなさま、先月から出荷が始まりました『さくら』はもうお召し上がりになりましたか?

「有名になったよねぇ」
「最近よく見かけるし」
「以前食べたことあるわ」

なんておっしゃる方にこそ改めて食べていただきたい!
昨年の仕込みから少しだけ作り方を変えた部分があります。

少量、限定生産の『酒蔵』というチーズがあります。
(スミマセン、本当に少量生産のため、飲食店様などに出しているだけで店頭販売、ネット販売など行っておりません)
こちらの『酒蔵』は乳酸菌と共に“酒母”の生きているお酒を添加。
乳酸発酵と共にこの酒母も発酵させています。
日本古来からある発酵文化の素材をチーズに取り込むことにより、食べたときにどことなく懐かしさを感じる味わいになるのではと、研究を重ねております。

この技術を昨年より『さくら』にも導入。
今まで乳酸発酵による「酸味が苦手」というお客様の声をお聞きすることもありました。
しかしこの“酒母”を使用することにより、酸味はまろやかになり、とても口当たりの良い味わいとなりました。

さて、前置きが長くなりましたが、この『さくら』をさらに1か月熟成させたものが『さくらのアフィネ』です。

さくらのアフィネ

 

 

 

 

 

 

 

 

ミンタル店頭でも昨日より並び始めました!

“アフィネ”とはフランス語で“熟成”を意味します。
熟成によりたんぱく質は分解され、柔らかな食感と、旨味のある味わいとなります。

よくお客様から
「じゃぁ、冷蔵庫で1か月置いておいたら同じように熟成するの?」
とご質問を受けますが、いやいや!ちゃんと見て下さい!

さくらのアフィネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上に貼られた【職人熟成】のラベルはだてではありません!

もちろん、上手に取り扱えばご家庭で熟成することも可能ですが、一般の冷蔵庫では温度管理や雑菌などたくさんの問題もありますのでお勧めはいたしません。

その点、『さくらのアフィネ』は熟成室で管理されたチーズを、職人がしっかりと状態を見極めて出荷をしていますので、安心してお召し上がりいただけます。

ホームページからの受注も開始いたしました。
3月に入りますと、お花見シーズンということもあり、ご注文が多くなりお待ちいただくことがございます。
その点、2月中でしたらまだ余裕もありますので、ご希望にお応えすることが可能です。

どうぞこの機会に『さくら』『さくらのアフィネ』と熟成違いのチーズを食べ比べて見て下さい!

チーズのご購入はこちら
http://www.kyodogakusha.org/online-shop.html

hi^-^de

カテゴリー: お知らせ, チーズ

ミルク&ナチュラルチーズフェア2017は帯広、札幌各会場ともに大盛況のうちに幕を閉じました。
会場に足をお運びいただいた沢山の皆様、ありがとうございました。

帯広会場の日曜日は6000人の集客があったとの事で、
「6000人と言ったら、新得町の町民の人数と変わらないじゃないか!」
なんて話題になっていました!(笑)

さて、毎年恒例になっているステージイベント。
今年は
「チーズ工房×料理人ステージ」
ということで、帯広はイタリアンの『イル・フラゴリーノ様』、札幌は創作の居酒屋『旬菜鮮魚・味和久様』にお願いをし、共働学舎のチーズを使用した簡単レシピを披露していただきました。

まず、帯広・イル・フラゴリーノ様は「笹ゆきと大葉・蓮根の豚肉ロール巻き」。

笹ゆきと大葉・蓮根の豚肉ロール巻き

 

 

 

 

 

 

 

 

笹ゆきを大葉とグリルした蓮根ではさみ、豚肉で巻き、オーブンで焼いただけですが、とろ~りと溶けた笹ゆきに蓮根のシャキシャキ歯ごたえが加わり、不思議な味わい。
アクセントの大葉もよく効いて、会場でも美味しいと絶賛でした!
※笹ゆきと大葉・蓮根の豚肉ロール巻きレシピはこちらをクリック

茶畑シェフ

写真左/茶畑シェフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌・旬菜鮮魚・味和久様は『おつまみ黒豆クリチ』。

おつまみ黒豆クリチ

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、甘く炊いた黒豆と角切りベーコンを赤ワインで煮込みます。
「黒豆?ベーコン?赤ワイン?」
とステージ横で見ていて大丈夫なのだろうかとちょっと心配・・・。
赤ワインが無くなるまで煮詰め、冷めたらクリームチーズと混ぜていきます。
う~ん、果たしてどんな味になるのやら・・・と、試食をしてみると!?
これがビックリ!甘じょっぱさにクリームチーズのまろやかさが加わり、ワインはもちろん、日本酒にも合いそうな味わい。
お手軽にできるのと、不思議なおいしさに会場で試食をしていた方々が共働学舎のブースへ詰めかけ、その日用意をしていたクリームチーズがすべて完売してしまいました!
※おつまみ黒豆クリチのレシピはこちら

写真左/中村副店長

写真左/中村副店長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもイベントとして行われた「試食ストリート」はただチーズを試食するだけではなく、ひと手間加えた試食をご用意!

共働学舎では“フロマージュ・ブラン”を使用。
ヨーグルトのようなフロマージュ・ブランは通常そのまま食べるか、はちみつやジャムなどをかけて、またフルーツをと和えてなど“デザート”的な使い方が広く知られています。
しかし、実はお料理にも使っても美味しくお召し上がりいただけます。

用意したのは2種。

『フロマージュ・ブランときゅうりのさっぱりサラダ』

フロマージュ・ブランときゅうりのさっぱりサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材料
フロマージュ・ブラン(1個)、きゅうり(一本)、塩(少々)、オリーブオイル
きゅうりの千切りを塩もみし、汁気を切って、フロマージュ・ブランと和え、オリーブオイルをかけるだけ。
そのままサラダとして食べても美味しいし、バゲットやクラッカーに乗せればおつまみにもなります。

もう一品は
『フロマージュ・ブランのヘルシーたまごペースト』

フロマージュ・ブランのヘルシーたまごペースト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材料
フロマージュ・ブラン(1/2個)、ゆで卵(1個)、塩、オリーブオイル
こちらはもっと簡単!
通常マヨネーズで作るたまごペーストのマヨネーズをフロマージュ・ブランに変え、オリーブオイルとお塩で味を整えて出来上がり。
マヨネーズ100gあたり約700カロリーに対し、フロマージュ・ブランは100g当り87カロリーです!
ヘルシーなのにマヨネーズで作ったたまごペーストと遜色ない味わいということで、なんとTVの情報番組でも取り上げてもらいました!

ミルク&ナチュラルチーズフェアはすでに終了しましたが、簡単チーズレシピを使って各ご家庭でミルク&ナチュラルチーズフェアをお楽しみください!

hi^-^de

 

 

カテゴリー: チーズ

新得共働学舎代表・、宮嶋望の最新刊

『共鳴力(ダイバーシティが生み出す新得共働学舎の奇跡)』

が2017年1月25日発売となります。

---
北海道の新得町で、心身に障害を持つ人たちを含む70名ほどの人たちと一緒に、
酪農を中心にしたコミュニティーを主宰する著者。
ここにたどり着いた人が居場所を見つけ自労自活する。
誰も排除されず、生き生きと暮らせる訳は・・・。
---
さらに詳しくは下記PDFリンクの前書きをお読みいただければと存じます。

ただいまAmazonサイトにて予約を受け付けております。
http://amzn.asia/8hHnqQk
ホームページのお買い物ページでもご用意でき次第受付をいたしたいと思います。

どうぞみなさま、ご購読をお願いいたします。

『共鳴力』前書きより

共鳴力

カテゴリー: お知らせ, 出版物

みなさま、久々の投稿が年明けになってしまいました・・・。
申し訳ございません。
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

さて、早いもので今期の「さくら」、本日より出荷開始いたしました!

さくら_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初出荷に合わせてたくさんできてきています!

さくら_00

 

 

 

 

 

 

 

 

さくらは「酸凝固」と言って乳酸発酵によりミルクを凝固させるチーズ。
簡単にいうとヨーグルトのようなものを作り、それを型詰めしていきます。
この作り方により、カマンベールなどとは違い、独特の食感や爽やかな風味が生まれます。

さくらの元になっているチーズはプチ・プレジールです。

プチ・プレジールに桜の葉を乗せて熟成をすることにより、
ふんわりと桜餅のような優しい香りのチーズとなります。

さくら_02

 

 

 

 

 

 

 

 

製造はもちろんですが、包装もすべて手作業。

さくら_03

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどん機械化が進む中で、機械ではできない繊細な作業。
町内からお手伝いに来てくださっているパートさんたちが一つ一つ丁寧に仕上げてくれています。

さくら_04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッケージシールもすべて手作業。
一つ一つのチーズにたくさんの人の手がかかわっています。

時々、お客様から大量発注のご依頼をいただきますが、
お応えできないのはこのような諸事情もございます。

さくら_05

 

 

 

 

 

 

 

 

ミンタル売店にも本日より並んでいます!

日本列島、大寒波で寒い日が続いていますが、一足早い『さくらの開花』をお楽しみください。

hi^-^de

 

カテゴリー: お知らせ, チーズ

先日、「新得共働学舎 収穫祭2016」 を開催しました。

収穫祭では、僅かながらの自然の恩恵を食して語り合い、子供達には笑顔の時間を共有できた事をここにご報告致します。

町内の方々や、子ども達に多く来場頂き、笑顔が溢れていました。

町内の方々や、子ども達に多く来場頂き、笑顔が溢れていました。

 

子ども達も張り切って、自分たちで開店していました。

子ども達も張り切って、自分たちで開店していました。

img_5163    img_5016
看板も手作りしました。              やってみよう!窯焼きピザ作りコーナー。

手造りピザ釜もみんなで協力して製作しました。

手造りピザ釜もみんなで協力して製作しました。

薪で焼き上げます。

薪で焼き上げます。

 

「美味しい!」という笑顔が溢れていました。

「美味しい!」という笑顔が溢れていました。

炭焼きとうきびや、ラクレットチーズも美味しく出来上がりました。

炭焼きとうきびや、ラクレットチーズも美味しく出来上がりました。

全町教育でも開催しました「水彩(にじみ絵)」の体験会。

全町教育でも開催しました「水彩(にじみ絵)」の体験会。

「こどもボードゲーム場」も大賑わい。

「こどもボードゲーム場」も大賑わい。

楽しく、そして癒やされるひき馬体験。

楽しく、そして癒やされるひき馬体験。

農場特製の豚汁も、とても美味しかったです。

農場特製の豚汁も、とても美味しかったです。

ゆったりとした景色で、しばしの休息。

ゆったりとした景色で、しばしの休息。

心優しく穏やかな学舎の牛も、子ども達の遊び相手に。

心優しく穏やかな学舎の牛も、子ども達の遊び相手に。

当農場代表・宮嶋望の農場案内ツアー。

当農場代表・宮嶋望の農場案内ツアー。

img_5536

 

ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。

 こうして収穫祭を開催出来ました事と、ご協力、ご参加、応援下さいました皆様に本当に感謝致します。

皆様も、交通機関など不便な状況でありますが、お時間ございます際には是非十勝にもお越しください。
今後とも宜しくお願い致します。

 

 

カテゴリー: イベント

6月7月と気温が上がらず、長雨も続いたため秋の実りが非常に心配されていました。

しかし・・・!

今年もやってきました!新じゃがの季節がやってきました!

新じゃが

 

 

 

 

 

 

 

 

心配をよそに、丸々と美味しそうなじゃがいもを収穫することができました。

薄い皮で瑞々しい味わいの新じゃがを食べることができるのはお盆過ぎくらいまで!
今獲れているじゃがいもは「ワセシロ」という品種。
身が白く、早く収穫《早生》できる事からこの名前が付いています。

油との相性がとてもよく、ポテトチップスなどにも使われる品種です。
もちろん、ラクレットチーズとの相性は抜群です!

新じゃがラクレット

 

 

 

 

 

 

 

 

共働学舎の畑で獲れたジャガイモとラクレットが楽しめるのは、農場カフェのミンタルだけですよ!

hi^-^de

カテゴリー: お知らせ, ジャガイモ, ミンタル, 喫茶, 野菜
7月
19
夏のチーズ

西日本では梅雨明けが発表され、いよいよ夏本番でしょうか!

北海道は梅雨が無いと言われますが、ここ数年6~7月の新得は長雨が続きます。
“蝦夷梅雨”などともいわれますが、あまり日照時間が少ないと秋の収穫が心配です。

それでも、雨上がりのミンタルガーデンに目を向けると、なかなか風情があって綺麗です。

ウッドチップの道

 

 

 

 

 

 

ここは駐車場裏、ウッドチップで敷き詰められた遊歩道。
左右に白やピンクのお花が咲き誇っています。

さて、この写真の中に「夏のチーズ」になる木が隠れています・・・。
わかりますか?

近づいてみましょう!

ヤチヤナギ_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この木「ヤチヤナギ」といいます。
もう、作り始めて4~5年経ちますので、共働学舎チーズファンには定着しましたでしょうか?

ヤチヤナギは「ヤマモモ科の落葉小低木」です。
その名前から柳の仲間と思われている方が多いですが、背丈は大人の腰の位置くらい。

“ヤチ”とは“谷地”と書き、湿地帯などを意味します。
主に湿地帯に自生していて、以前は北海道でも多く自生していたそうですが、現在は絶滅の危惧もあるとの事。

数年前より北海道林業試験場と共同研究し、加工製品にすることにより、栽培していこうと取り組んでいます。

近づいてみましょう。

ヤチヤナギ_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細長く、先の丸い葉が特徴で、セージのような“スーッ”とした清涼感のある香りが特徴的です。
この写真の葉はだいぶ成長していますが、生えたばかりの若葉を収穫し細かく粉砕してチーズにまぶしています。

ヤチヤナギ_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはヤチヤナギの雌株。ビールのホップに似ています。
中世のヨーロッパではこのヤチヤナギを使用してビールを仕込んでいたとのこと。
現在も北欧では現在でもスピリッツやリキュールなどに仕込んでいるそうです。

ヤチヤナギ

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤチヤナギは明日7月20日より受注を開始いたします!
詳しくは「お買い物ページ」をご覧ください。
http://www.kyodogakusha.org/online-shop.html

出荷用のヤチヤナギは約10日の熟成をしたものですが、農場では特別にフレッシュのヤチヤナギチーズを限定販売しています。

ヤチヤナギフレッシュ

 

 

 

 

 

 

 

フレッシュチーズですので、ヤチヤナギもより鮮烈に香り、清々しさを感じます。

しかし、残念ながら賞味期限が短いためご出荷はご遠慮いただいております。
また、いつも店頭に並んでいるわけではありませんので、出会えた時がチャンスです!

夏本番を迎え、冷たく冷えたビールや白ワインのお供に「夏のチーズ」をぜひ添えてください。

hi^-^de

カテゴリー: お知らせ, チーズ

2016年後半がスタートしたばかりと思っていましたら、すでに2週間が過ぎ15日となってしまいました。

ニュースでは全国各地から夏日や猛暑日など暑さの話題、大雨被害のニュースなどが毎日のように聞かれます。

ここ新得はというと、今週は比較的涼しいですが、先週末は「ソフトクリーム日和」の夏らしい天気を迎えています。

ミンタル前のガーデンも、夏らしい景色に変わってきました。

まず入り口で出迎えてくれるのは赤とピンクの可愛いバラ。

バラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭に目を向けると、白いアジサイ「アナベル」が花を開き始めています。

アナベル

 

 

 

 

 

 

アナベルは真っ白な花を咲かせ、秋口まで私たちの目を楽しませてくれます。

アナベル

 

 

 

 

 

 

 

 

ミンタル脇のベリー畑に目を向けると、たわわに実ったベリー達が徐々に色を付け始めています。

カシス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カシスの実はだいぶ黒々と色づいて、もう甘い実が付いているのもたくさんあります。

グスベリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グスベリーの実もだいぶ大きくなってきました。

ブルーベリー

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな楽しみにしているブルーベリーは、まだまだ青いですね。

ミンタルでは、これら収穫したベリーをソースにして、メニューでお出ししています。

フロマージュ・フレのベリーソース添え

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはミンタルですでに人気メニューの「フロマージュ・フレのベリーソース添え」。
夏のチーズフロマージュ・フレに甘酸っぱいベリーソースが良く合います。

ベリーソーダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベリーソーダは、暑い日にはさっぱり喉を潤してくれます。

そして、今年の夏の新メニュー!

プチ・ベリーソフト

 

 

 

 

 

 

 

 

“プチ・ベリーソフト”
ミンタルで大人気の牛乳山ソフトクリームに、ベリーソースをたっぷりかけてお召し上がりいただきます!
ミルクの旨みたっぷりのソフトクリームに、ベリーソースの爽やかな甘みがとっても良く合います。
先週末からメニューに掲載をいたしましたが、すでに大人気です!

今週末は夏休み前の3連休!
十勝方面へご旅行を計画中のみなさま。
ぜひ、新得まで足をお運びくださいませ!

hi^-^de

カテゴリー: お知らせ, ミンタル, 風景
天候不順により関東では水不足、西日本では大雨の被害のニュースを日々目にします。
ここ新得も連日の冷たい雨で作物の出来が心配です。
 
それでも暦は流れていき、今日は“夏至”ですね。
一年で一番日が長いはずなのに厚い雲に覆われてしまって残念です。
 
さて、そんな厚い雲も吹き飛ばすような情報です!
 
ここ数年、日本各地で「夏フェス」が盛んに行われていますが、実はここ新得でも3回目となるフェスが7月に開催されます!
 
その名も「GANKE FES(ガンケ フェス)」。
 
“ガンケ”とは
---
十勝川の対岸にある、露頭がむき出しになった崖。
住民に「ガンケ」と呼ばれ、町のシンボルでもあり、
近年ではパワースポットとしても注目されている
(GANKE FESホームページより)
---
ガンケ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年の開催は7月9日 (土)。
昨年に引き続き共働学舎も出店が決定いたしました。
アツい音楽を聴きながら、アツアツのラクレットが食べられますよ!
 
なお、GANKE FESのチケットは共働学舎・ミンタルでも取り扱いをしております。
ガンケチケット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
入場チケットが「リストバンド」になっていますが、今年は3種類。
黄色:昼
青色:夜
緑色:一日通し
 
そう!昨年は夕方で終わっていましたが、今年は夜の部も開催がされることになりました!
 
出演アーティストも年々パワーアップしているようです。
 
みなさん、新得で熱い夏を一緒にすごしませか?
たくさんのご参加楽しみにしています!
 
GANKE FES ホームページ
 
hi^-^de
カテゴリー: お知らせ, イベント

ゴールデンウィークで慌ただしいなんて言っていたのもすでに2週間前。
この週末は、各地で初夏を通り越して真夏の暑さでしたね!

新得も例外なく非常に暑い週末で、ソフトクリーム目当てのお客様もたくさんご来場いただきました。

そんなお客様から
「“さくら”はもう無いの?」
と声をかけられます。

スミマセン、さくらは春限定のチーズで今シーズンの製造は終了いたしました。

しかし、残念な事ばかりではありません!
5月から出荷が始まったチーズもありますよ!

まずはフロマージュ・フレ。

フロマージュフレ

 

 

 

 

 

 

暑い日に、さっぱり食べたいフレッシュチーズ。
写真のように『水切りカゴ』に入っています。
ヨーグルト状に固まった『カード』と呼ばれるチーズの素を、“ざる豆腐”のようにカゴにすくい取っただけのシンプルなチーズ。
農場カフェ「ミンタル」でもフロマージュ・フレを使ったメニューが人気です!

フロマージュ・フレのサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは農場で採れた季節のお野菜とお召し上がりいただく「フロマージュ・フレのサラダ」。
今の季節はレタスなどの葉物野菜。
夏になりましたら、トマトたっぷりとお召し上がりいただけます。

フレベリー

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは「フロマージュ・フレのベリーソース添え」
昨年の夏に収穫したミックスベリーを煮詰めて作ったベリーソースは、爽やかなフロマージュ・フレにピッタリです。

カップからカゴごと取り出して、さらに水切りをすれば、お好みの固さでもお召し上がりいただけますよ。

ハーブを添えたり、はちみつをかけたり、オリーブオイルに塩コショウだけでも美味しいです。
楽しみ方はたくさんありますよ。

フロマージュ・フレの販売は10月中旬までとなります。

さて、もう一つのチーズは待ちに待った方もたくさんいらっしゃるはず!
そうです!約1年の熟成を経てようやく出荷になる「シントコ」も先週より販売をしています!

シントコ熟成庫

 

 

 

 

 

 

 

 

シントコは直径60㎝、重さ約35㎏もある超大型チーズ。
この大きさで作るからこそシットリ、そしてホクホクとした食感のチーズとなります。

シントコは、牛が放牧に出て青草をたっぷりと食べた時のミルクからしか作られません。
青草をたっぷり食べた牛のミルクは発酵も良く、チーズになった時の風味や香りも断然違います!

長期熟成のチーズは、たんぱく質はアミノ酸に、脂肪は脂肪酸に分解され、旨みがのっているのはもちろんの事、消化吸収も非常に良くなり、疲労回復を助けてくれるとも言われています。

放牧

 

 

 

 

 

 

写真は5月6日、ちょうどゴールデンウィーク中に撮影をした放牧の写真。
今年も放牧が始まりましたので、シントコの製造も開始されました!
でも、今年作ったシントコの販売が始まるのは来年の5月。
今出荷をしているシントコは、昨年作られたものです!

シントコ00

 

 

 

 

 

 

 

シントコは在庫がすべてなくなり次第終了となります。
たくさん作ってはいますが、例年ですと8月中旬で完売しています。

「チーズには旬がありますよ」

とお客様には良くお話をさせていただきます。
初夏に美味しいチーズ2種。

さっぱりフロマージュ・フレとしっかりコクのあるシントコを食べて、暑い夏を乗り切る体力づくりをいたしましょう!

hi^-^de

カテゴリー: お知らせ, チーズ